緩和ケア

診療概要

緩和ケア外来の開設について
緩和ケア外来では、病気や治療に伴う痛みや息苦しさなどのからだの症状や、不眠、不安、抑うつなどの精神症状などのつらさに耳を傾け、これらに対する診察を行うことを目的として開設されました。「緩和ケア」=「終末期医療」ではなく、これらの症状を緩和し、ご自分の生活に合わせた治療を選択して、患者さまがより自分らしい生活を送っていただくことのお手伝いをします。

 

診療内容

当院において活動する緩和ケアチームと連携を取り診療いたします。チームのメンバーは麻酔科医師、精神科医師、各診療科医師、地域連携在宅支援医師、専門看護師、薬剤師、臨床心理士などで編成されてます。

地域連携初診
紹介状をお持ちの初診の患者さん及びご家族の方に受診していただきます。
患者さん及びご家族には、1.緩和ケアに関する説明、2.つらさや痛み等に関してお話をお伺いし、3.緩和ケアに関する情報提供を行います。
外来日:毎週金曜日 9:00~11:30(事前予約制)
診療時間は、患者さんの待ち時間を短縮するため、初診の場合1回当たり約1時間、再診の場合1回当たり約30分です。

 

緩和ケア病棟(ホスピス)について

当院には緩和ケア病棟(ホスピス)がありません。そのため、当院通院の外来患者様を診察させていただいていますが、必要に応じて在宅診療医師、近隣の緩和ケア病棟(ホスピス)への紹介を行っております。

 

予約について

(1)予約受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで

(2)予約受付電話:042-371-2111 外科外来・緩和ケア外来

 

緩和ケア研修会について

2007年がん対策基本法に基づくがん対策推進基本計画では、「すべてのがん診療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得する」ことが求められています。これを受け、当院ではこの厚生労働省の開催指針に沿った緩和ケア研修会を開催しております。
なお、当院では以下の医師が研修を修了しております。

 

ページトップへ