病院長あいさつ

 日本医科大学多摩永山病院院長の吉田 寛でございます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

当院は昭和52年に東京都および住宅都市整備公団(当時)の強い要請によって、多摩ニュータウンにおける地域医療の基幹病院として開院いたしました。
東京都がん診療連携拠点病院に指定されており、南多摩エリアのがん診療の拠点病院として医療スタッフを充実させております。他院で切除不能と診断された方も、是非、ご相談ください。
心疾患、脳血管障害の患者さまが多いのも特徴で、スタッフを揃え緊急対応しております。
産科、小児科の連携による周産期治療にも力を入れております。特に母体救命、産科救命に特化した診療を行っており、昨年からはNICU(新生児集中治療室)も開設いたしました。
眼科は年々手術件数が増加しているため、昨年手術室を増設し対応しております。
昨年からは形成外科医も常勤となりました。
救命救急センターは南多摩エリアの中心となって、24時間、重症患者を受け入れております。
各科間の垣根が無く複数科で連携して治療を行う事が多いのも当院の特徴であります。

「多摩の患者さまは多摩で治す」をモットーにして、医師会の先生方との連携をさらに強化して、病病・病診連携を推進いたします。多摩市の推進事業である「健幸まちづくり」の中心となり、「この病院に来て良かった」「このまちに住んで良かった」と言っていただけるよう、患者さまの立場に立った信頼される医療機関を目指していきます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

院長 吉田 寛

 

ページトップへ