尾崎 勝俊(おざき かつとし)

役職

部長

専門医・資格等

日本内科学会認定医、日本血液学会専門医、指導医、代議員、日本癌学会、American Society of Hematology

 

略歴

慶應義塾大学医学部卒業 医学博士(慶應義塾大学医学研究科)
海外留学 米国National Institutes of Health
東京大学医科学研究所 助手
自治医科大学 内科学講座血液学部門 専任講師
友愛記念病院 血液内科部長

 

おもな原著論文

2000 Cloning of a type I cytokine receptor most related to the IL-2 receptor beta chain. PNAS.
2002 A critical role for IL-21 in regulating immunoglobulin production. Science.
2007 Nitric oxide plays a critical role in suppression of T cell proliferation by mesenchymal stem cells. Blood.
2010 Altered effector CD4+ T cell function in IL-21R-/- CD4+ T cell-mediated graft-versus-host disease. J Immunol.

 

その他

自治医科大学でネスプ®(持続型エリスロポエチン製剤)、レボレード®(特発性血小板減少性紫斑病の血小板増加薬)、アーゼラ®(第2世代リツキサン)等で治験責任医師を歴任。特発性血小板減少性紫斑病では難治例に対するリツキサン投与の全国規模医師主導治験にも参加。

 

ページトップへ