小児科

診療概要

高瀬 眞人

小児科 部長

南多摩地域のセンター小児科の役割を担い、小児疾患に幅広く対応すると同時に、各分野で専門性のある医療を提供しています。また、当院にない診療機能を要する病気に対しては、適切な医療機関を紹介し、患者さまに最善の医療を受けて頂くよう計らうことも当院の重要な役割と考えています。
診療は午前中の一般外来と、午前・午後の専門外来という体制で行っています。午前中の一般外来は、発熱、頭痛、咳、鼻水、腹痛、嘔吐・下痢などの一般的な病気の方や、どこが悪いか分からないが、なにか調子が悪い方などに受診して頂く外来です。原則として予約は不要です。病院の受付時間内に受診してください。
午前・午後の専門外来は予約制です。アレルギー,呼吸器,循環器,神経・筋,腎臓,血液,代謝・内分泌,膠原病の外来があり、それぞれ専門医が診療にあたっています。乳児健診は原則として当院出生児の1ヶ月健診に限り実施しています。
平成28年7月に新生児集中治療室(NICU)3床を開設して新生児医療にも力を入れています。


診療時間や予約制などについて

 

一般外来
月~土曜日

8:30~11:30 (初診受付は11時まで)
 予約は不要ですが、予約も可能です。

(但し土曜日については予約できません)

※土曜日の診療について
土曜日は担当医1名での対応となります。救急診療を優先するため、緊急性に応じて診療の順序が前後することがありますので予めご承知おきください。

 

小児アレルギー・エデュケーター資格(日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会認定)および「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」を有する看護師が在籍しています。

専門外来

乳児健診を含め、すべて予約制です。 小児科受付窓口で直接、または小児科外来に電話をして予約してください。 電話での予約は、平日は午後3時から4時30分の間、土曜日は午後2時から3時30分の間にお願いします。 診療日と担当医については別表をご覧下さい。

急患受付

当院小児科は緊急入院を要する比較的重症な患者さまに対応する2次救急病院ですが、夜間は医師が一人となりますので、入院病棟の状況等により対応できない場合もあります。受診前には必ず電話でご連絡下さい。
また、午後7時から10時の間は、「多摩市こども準夜診療所」(多摩市健康センター内、TEL:042-375-0909)をご利用下さい。
 


専門外来

  • アレルギー外来
    対象となる病気は、気管支喘息,食物アレルギー,アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の診療を行っています。アレルギー外来では抗原(アレルゲン)検査を血液・皮膚反応で行い、病気の治療の他、除去食の指導,診断・除去解除のための負荷試験なども行っております。食物アレルギー(卵)児の予防接種も行っており、12歳以上の季節性アレルギー性鼻炎(スギ花粉症)、通年性アレルギー鼻炎のお子さまを対象に舌下免疫療法も開始しました。
  • 膠原病外来
  • 膠原病外来では原因不明の発熱・関節痛などの診察、若年性特発性関節炎などの小児リウマチ性疾患・膠原病、自己免疫疾患の診療を日本医科大学付属病院と連携して行っています。
  • 呼吸器外来
    対象となる病気は気管支喘息,長引く咳や繰り返す肺炎,生後間もなくしてゼーゼーする先天性喘鳴などの先天性呼吸器疾患,習慣性いびき・睡眠時無呼吸症などです。外来で肺機能や呼気中一酸化窒素(NO)濃度測定検査、喉頭ファイバースコピーおよび睡眠時無呼吸検査を行っています。また入院での気管支鏡検査にも対応しております。
  • 循環器外来
    対象とする病気は先天性心疾患,心雑音,不整脈,川崎病などの後天性心疾患です。心エコー,24時間ホルター心電図,心筋シンチなどの検査が可能です。
  • 神経外来
    けいれん性疾患・てんかん,筋疾患,脳血管障害などが対象となります。脳波,CT,MRI,聴性脳幹反応(ABR)などの検査が可能です。
  • 腎臓外来
    学校集団検尿で発見される尿異常,急性および慢性の腎臓病,先天性尿路奇形などが対象となる病気です。検査では,腎・膀胱エコー,膀胱造影,排泄性尿路造影,レノグラム,腎生検(入院)が可能です。
  • 血液外来
    再生不良性貧血、鉄欠乏性貧血をはじめとする各種貧血、特発性血小板減少性紫斑病、好中球減少症など小児血液疾患全般の診断・治療を行っています。
    白血病、悪性リンパ腫などの造血器腫瘍及び神経芽腫などの固形腫瘍といった小児がん全般は文京区千駄木の付属病院をご紹介致します。
  • 内分泌・代謝外来
    小児糖尿病、肥満を中心とした代謝疾患・低身長症・甲状腺疾患などの内分泌疾患全般に対して診断・治療を行っています。低身長に対する成長ホルモン治療は常時50人以上の方が治療を受けられています。成長ホルモン治療の適応があるかどうかを判定する検査入院は3泊4日で実施しています。
ページトップへ