医師・医療機関のみなさまへ

診療科概要

 平成29年4月より当科では、後藤穣部長(アレルギー性鼻炎、副鼻腔手術)、斎藤明彦医局長(耳鼻咽喉科一般)2名で診療を行います。

 

緊急手術が必要な急患には対応できない診療日もありますので、事前にご連絡ください。

 

 


研究概要と実績 

【富山】

内耳免疫傷害における臨床的・基礎的研究を行っています。臨床的研究として、内耳自己抗体発現と内耳自己免疫病、メニエール病、遅発性内リンパ水腫、交感性迷路炎、低音型急性感音難聴との臨床的関連を検索しています。基礎的研究として、内耳自己免疫病動物モデルの作成を通じて、内耳自己免疫病における内耳傷害発生病態解明、内耳自己抗体の機能解明、診断法の確立、さらには治療法の新たな開発を目的とする研究を行っています。内耳免疫傷害研究の実績として我々が開発した内リンパ嚢局所での異物蛋白に対する二次的免疫反応が引き起こす内耳免疫傷害モデルはこれまでにない極めてメニエール病に近い動物モデルとして1996年に米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学の教科書・専門書に掲載されました。

 

【後藤】

アレルギー性鼻炎に対する免疫療法、特に舌下免疫療法の臨床研究および効果発現メカニズムについて研究しています。

  • Gotoh M, Yuta A, Okano M, Ohta N, Matsubara A, Okubo K. Severity Assessment of Japanese Cedar Pollinosis Using the Practical Guideline for the Management of Allergic Rhinitis in Japan and the Allergic Rhinitis and its Impact on Asthma Guideline. Allergol Int. 2013 Feb 25.
  • Gotoh M, Okubo K, Hashiguchi K, Wakabayashi K, Kanzaki S, Tanaka N, Fujioka M, Kawashima K, Suematsu K, Sasaki K, Iwasaki M, Yamamotoya H. Noninvasive biological evaluation of response to pranlukast treatment in pediatric patients with Japanese cedar pollinosis. Allergy Asthma Proc. 2012 Nov-Dec;33(6):459-66
  • Gotoh M, Suzuki H, Okubo K. Delay of onset of symptoms of Japanese cedar pollinosis by treatment with a leukotriene receptor antagonist. Allergol Int. 2011 Dec;60(4):483
  • Gotoh M, Hashiguchi K, Okubo K. Efficacy of epinastine hydrochloride for antigen-provoked nasal symptoms in subjects with orchard grass pollinosis.Allergol Int. 2011 Mar;60(1):69-77.
  • Gotoh M, Okubo K, Okuda M, Hamada C. Clinical pharmacology study of the corticosteroid nasal spray dexamethasone cipecilate (NS-126): examination of the durability of efficacy in the nasal induction test.Expert Opin Investig Drugs. 2010 Dec;19(12):1475-86.
  • Gotoh M, Sashihara T, Ikegami S, Yamaji T, Kino K, Orii N, Taketomo N, Okubo K. Efficacy of oral administration of a heat-killed Lactobacillus gasseri OLL2809 on patients of Japanese cedar pollinosis with high Japanese-cedar pollen-specific IgE. Biosci Biotechnol Biochem. 2009 Sep;73(9):1971-7.

 

診療科概要

 現在当科では、後藤穣部長(アレルギー性鼻炎、副鼻腔手術)、渡邉健一講師(感音難聴、顔面神経麻痺など神経耳科学的疾患)、斎藤明彦医局長(頭頚部外科)、齋藤亜希子医員の4名で診療を行っています。

急性疾患(めまい、鼻出血、扁桃周囲膿瘍、喉頭浮腫、異物、頚部膿瘍など)で至急でご紹介を頂く場合、一度お電話ください。

 

平成25年3月31日をもちまして富山俊一教授が退職しますが、内耳自己免疫病外来は4月以降も水曜日に行います。

 


研究概要と実績 

【渡辺】

1)内耳におけるフリーラジカルの産生:
 誘導型一酸化窒素合成酵素は病的条件下で発現し,大量のフリーラジカルを産生することが知られています.我々は急性中耳炎内耳波及,抗癌剤による内耳障害,音響障害および内リンパ水腫をモデル作成し,フリーラジカルの産生,組織障害の発生機所について研究を行っています(科学研究費補助金(奨励研究A、誘導型一酸化窒素合成酵素阻害によるシスプラチンの蝸牛障害軽減の試み、平成12年度および13年度))。
2)アポトーシスとその制御に関する研究:
 アポトーシスは内耳においても観察される現象です.我々は上記の動物実験モデルを用いて,アポトーシスに関与する様々な酵素の発現とその作用を検討してきました.現在,アポトーシス抑制蛋白質を用い,アポトーシスを制御する研究を行いました(科学研究費補助金(基盤研究(c)、細胞死抑制強化蛋白質の細胞内導入による新たな内耳保護法の開発、平成16年度および平成17年度))。
エピジェネティックスと老人性難聴に関する研究:
3)エピジェネティックス(epigenetics)はepi (´on` ´over´ ´after´) + geneticsを意味し、日本語では「後成遺伝学」と訳され、ゲノムに書かれた遺伝情報を変更することなく、個体発生や細胞分化の過程において、遺伝子発現を制御する現象を指します。近年、エピジェネティックスは正常な遺伝子発現と分化に関与する一方、その障害は発癌、加齢、代謝異常、異常な分化等に係ると報告されています。このエピジェネティックスには蛋白質因子のみならずDNAおよびRNA分子を含めた多彩な分子がかかわることが明らかになって来ています。本研究では老人性難聴とエピジェネティックスの関連性を分子レベルで解析することを目標にしています。

  • Ken-ichi Watanabe and Wilhelm Bloch. Histone methylation and acetylation indicates epigenetic change in the aged cochlea of mice. Eur Arch Otorhinolaryngolin press2012
  • Ken-ichi Watanabe, Gin-ya Hatano, Hideharu Aoki and Kimihiro Okubo. The necessity of simple x-ray examination : A case report of button battery migration into the nasal cavity. J Pedia Emergin press2012
  • Tomonobu Kamio, Ken-ichi Watanabe and Kimihiro Okubo. Acoustic stimulation promotes the fragmentation of DNA in the cochlea of guinea pigs. J Nippon Med Sch79/5,349-3562012
  • 渡邊健一、陣内賢、稲井俊太、大久保公裕、富山俊一、八木聰明. 内リンパ水腫モデル動物における蝸牛側壁のアポトーシス 頭頸部自律神経研究会21,59-62, 2007

 

【後藤】

アレルギー性鼻炎に対する免疫療法、特に舌下免疫療法の臨床研究および効果発現メカニズムについて研究しています。

  • Gotoh M, Yuta A, Okano M, Ohta N, Matsubara A, Okubo K. Severity Assessment of Japanese Cedar Pollinosis Using the Practical Guideline for the Management of Allergic Rhinitis in Japan and the Allergic Rhinitis and its Impact on Asthma Guideline. Allergol Int. 2013 Feb 25.
  • Gotoh M, Okubo K, Hashiguchi K, Wakabayashi K, Kanzaki S, Tanaka N, Fujioka M, Kawashima K, Suematsu K, Sasaki K, Iwasaki M, Yamamotoya H. Noninvasive biological evaluation of response to pranlukast treatment in pediatric patients with Japanese cedar pollinosis. Allergy Asthma Proc. 2012 Nov-Dec;33(6):459-66
  • Gotoh M, Suzuki H, Okubo K. Delay of onset of symptoms of Japanese cedar pollinosis by treatment with a leukotriene receptor antagonist. Allergol Int. 2011 Dec;60(4):483
  • Gotoh M, Hashiguchi K, Okubo K. Efficacy of epinastine hydrochloride for antigen-provoked nasal symptoms in subjects with orchard grass pollinosis.Allergol Int. 2011 Mar;60(1):69-77.
  • Gotoh M, Okubo K, Okuda M, Hamada C. Clinical pharmacology study of the corticosteroid nasal spray dexamethasone cipecilate (NS-126): examination of the durability of efficacy in the nasal induction test.Expert Opin Investig Drugs. 2010 Dec;19(12):1475-86.
  • Gotoh M, Sashihara T, Ikegami S, Yamaji T, Kino K, Orii N, Taketomo N, Okubo K. Efficacy of oral administration of a heat-killed Lactobacillus gasseri OLL2809 on patients of Japanese cedar pollinosis with high Japanese-cedar pollen-specific IgE. Biosci Biotechnol Biochem. 2009 Sep;73(9):1971-7.

 

【富山】

内耳免疫傷害における臨床的・基礎的研究を行っています。臨床的研究として、内耳自己抗体発現と内耳自己免疫病、メニエール病、遅発性内リンパ水腫、交感性迷路炎、低音型急性感音難聴との臨床的関連を検索しています。基礎的研究として、内耳自己免疫病動物モデルの作成を通じて、内耳自己免疫病における内耳傷害発生病態解明、内耳自己抗体の機能解明、診断法の確立、さらには治療法の新たな開発を目的とする研究を行っています。内耳免疫傷害研究の実績として我々が開発した内リンパ嚢局所での異物蛋白に対する二次的免疫反応が引き起こす内耳免疫傷害モデルはこれまでにない極めてメニエール病に近い動物モデルとして1996年に米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学の教科書・専門書に掲載されました。

ページトップへ