栄養科

栄養科の紹介

健康回復、疾病予防には、食事の管理が大きく影響します。栄養科は、治療の一環として、安全でおいしい食事を提供し、栄養状態を良好にし、患者さまの早期退院に貢献することを目標としています。

病気と闘いながらも、食欲を落とさないための工夫として、選択食メニューカードをお届けし、朝食A・B定食いずれかを、お選びいただいています。メニュープランとしては日常家庭で食べるものとかけ離れないよう考慮し、味付けも家庭に近い味を目指しています。

選択食以外のサービスとして、患者さまの気力が湧き、癒しのお手伝いになればと、膳(料理)を通して季節の移り変わりの情報を提供しています。この膳に添えるメッセージカードが大変好評ですので、その一部をご紹介いたします。

花見膳

桜の咲く4月上旬に花見弁当をイメージして作っています。カードには“外は桜が満開ですよ”とお知らせし、桜前線を解説しています。

若葉膳

5月上旬の新緑の美しい季節をイメージした料理です。カードには端午の節句を解説しています。

涼味膳

7月の上旬に冷たい料理(素麺)を大鉢に盛り、見た目に涼しそうな演出で提供しています。カードには“七夕”の絵をのせ解説しています。

紅葉膳

11月中旬に、山の紅葉が始まりました。と季節感をアピールし、料理には実りの秋を盛り込みました。カードには、紅葉前線を解説しています。

他に、クリスマスやおせち料理など、イベントメニューにカードを添えて、季節の食材を味わっていただいています。
毎食の料理は“ホットワゴン”による温度管理をし、おいしさを保ちながら、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たいまま、提供しています。


栄養相談

生活習慣病(糖尿病、高脂血症など)やその他様々な病気で食事療法にお困りの方は、気軽に主治医にお申し出下さい。9時~17時まで、予約制で、管理栄養士が対応いたします。(日曜・祭日休み)
 

ページトップへ