腎臓内科

金子 朋広

腎臓内科 部長

診療科概要

 

腎臓は異常になっても症状が現れにくい臓器です。しかし我が国では、成人のおよそ8人に1人が慢性腎臓病に罹患していると指摘されています。人工透析が必要となる患者さまは現在も年々増加しており、人口の約400人に1人となっております。将来的な末期腎不全のリスクを減らすためには、少しでも早い段階での発見・治療が望まれます。また慢性腎臓病は心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患の重大な危険因子であることが明らかとなっています。腎臓病の治療をすることは、これらの疾患の予防となります。
腎臓疾患の早期発見のためには、尿検査、血液検査を含む検診をなるべく毎年受けるよう心掛けてください。異常が指摘された際には放置せず当院を含む専門機関に是非ご相談ください。当科では原因をしっかりと診断し、その対策に誠心誠意あたらせて頂きます。

 

 

 

 

腎臓内科診療内容

尿所見異常から慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、電解質異常、腎不全に至るまですべての腎臓疾患を診療いたします。自覚症状は進行するまで出現しにくいのですが、尿に色や量の変化を認める、尿が泡立つようになった、むくみを認めるようになった、自宅血圧が上昇してきた、倦怠感が出てきた、発熱が持続しているなどの際は要注意です。
慢性糸球体腎炎の中で最も多いIgA腎症に対しては耳鼻科医の協力のもと、扁桃摘出や慢性上咽頭炎に対する治療(Bスポット療法)も含めた根治治療を目指しております。その他の慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎不全などに対しては、腎生検を行った上で、病理医と協議のもと治療方針を決定します。疾患によっては血漿交換療法などの体外循環治療も行います。
残念ながら腎代替療法が必要となってしまった場合には、血液透析、腹膜透析の療法選択に十分な時間をかけ、ご納得いただいた上で患者さまにあった治療法を提供します。当院では腎移植は施行しておりませんが、希望がある場合には施行している施設にご紹介いたします。血液透析や腹膜透析に必要な手術なども当科で適切な時期に施行します。透析に入られた後の合併症に対しても対応いたします。

 

受診していただく際の注意事項

外来は予約診療とさせていただいております。予約のない方はお待たせする時間が長くなることがございますので、なるべく紹介状をご持参ください。
問診票や紹介状を拝見させて頂いたうえで、お待ちいただいている間に採血・採尿などの検査を先に行っていただく場合もございます。
なお、受診時に体調不良な方は遠慮なく受付にお申し出ください。具合の悪い状況のままお待ちいただくことがないよう、速やかに対応させていただきます。
なお、現在のところ当科の外来は木曜、土曜日は休診となっておりますのでご注意ください。月曜日、水曜日は午後も診察しています。

ページトップへ