薬剤部

 スタッフ(23名)

 

  部長  髙瀬 久光
  博士(医学)

 

 

 

 

 

 

 

 

 副部長 菅谷 量俊

   

 

 

 

 

 

 

 [専門・認定薬剤師(人数)]

 

 1. 理念と目的

 理念は、安全で良質な医療提供を通じて患者さまのQuality of life(生活の質:QOL)向上に貢献することです。患者さまが“スプーン一杯”の食事を美味しくいただけるよう、薬剤師の視点から症状緩和にむかえる支援を行います。ひとくちの摂取は健常者にとって無意識に達成しやすい目標ですが、患者さまにとっては近くて遠い精一杯の目標である意識が大事です。

 薬物治療が安全かつ適正に実施されるように内服、注射薬調剤をはじめ薬剤師の病棟活動などを通じ、医療の担い手、チーム医療の一員として患者さまやご家族との関わりを大切にします。また、医療機関における薬事全般に関与し、間接的に患者さまが安心できる医療サービスの提供に寄与するため、以下の業務に取り組んでいます。 

 

2. 主な業務内容

内服調剤業務

 オーダリングシステムを導入しており、医師が処方した内容を薬剤師がチェックし調剤しています。処方せんに従い正確に調剤するだけでなく、投与量、投与方法、副作用、相互作用などの確認を行い、払い出しています。特に、ハイリスク薬については、臨床検査値を確認し、患者さまの状態にあわせた投与量、投与間隔、相互作用に重点をおき、服薬状況および副作用の早期発見を目的として服薬指導を行っています。

 

製剤業務

 医師の要望にこたえ特殊な病態の患者さまにあわせた治療を実施するため、吸入剤、点眼薬、軟膏剤など国内に市販されていない特殊な製剤を安全性に配慮し、調製し提供しています。 

 

注射薬調剤

  注射薬は、直接体内に投与されるため、安全に投与されなければならず、そのため薬剤師により注射処方せんに基づき患者さまひとりごとの取り揃え、処方内容をチェックし医療事故防止に努めています。オーダリングシステム導入に伴い、全病棟の個人別注射薬セットが簡素化され、さらに在庫管理の面において適正化が図れています。また、患者さまの病態にあわせた投与設計についても、医師に対し疑義照会を積極的に行い医療安全面および医療経済面において寄与するよう努めています。

 

調剤業務集計(外来および入院)

調査項目 H25年度 H26年度 H27年度
外来処方箋総枚数 ( a + b ) 134,658枚 133,529枚 134,433枚
 a. 院外処方箋枚数 114,436枚 111,581枚 111,395枚
 b. 院内処方箋総枚数 20,235枚 21,958枚 23,054枚
 院外処方箋発行率 85.00% 83.60% 82.90%
入院処方箋枚数 38,557枚 40,294枚 42,306枚
入院注射処方箋枚数 106,855枚 107,073枚 116,354枚
外来化学療法処方箋枚数 2,190枚 3,383枚 4,088枚
入院化学療法処方箋枚数 1,734枚 1,886枚 2,060枚

 

 

 薬品管理業務

 病院内の全医薬品の購入、在庫、品質等を管理し、品質が確保された医薬品を安定供給しています。病棟定数配置薬は、毎週巡回しており使用期限などの品質管理に取り組んでいます。また、年2回全部署の在庫調査を行っており、適正在庫管理および品質管理に取り組んでいます。

 

病棟常駐業務(薬剤管理指導業務を含む)

 平成26年10月より、全病棟に薬剤師が常駐し、安全で最適な薬物療法を行われるよう、きめ細かに業務に取り組んでいます。
 入院された患者さまと面談し、持参薬、一般薬も含めた服用状況、アレルギー歴を確認し、相互作用、副作用モニタリングやTDM(治療薬物モニタリング)などを行います。面談により得られた情報は医師等へフィードバックし、処方変更などの提案など副作用の軽減と防止に努めています。処方された薬剤について説明し、場合によって投与前に薬の内容、注意点について詳細に説明します。そして退院時に、退院後も安心して服用していただくよう、相談に応じています。
 また、病棟カンファレンスや回診に参加し、患者さまの状況に的確に対応した「チーム医療」を進めています。現在、疼痛緩和ケアチーム、褥瘡対策チーム、栄養サポートチーム、ICTに参加し、質の高い医療を目指して努力しています。

 

薬剤管理指導料算定件数

年度 平成25年 平成26年 平成27年
 薬剤管理指導料1 21 5 0
 薬剤管理指導料2 1,899 2,056 1,739
 薬剤管理指導料3 4,187 6,091 6,651
 総件数 6,107 8,152 8,390

 

 薬品情報室

 1名の薬剤師が在籍し、薬品に関する情報の収集、管理を行っています。薬品情報室では、日々進化する医療に迅速に対応し、主に医薬品に関する情報を製薬メーカーのMRや論文,成書,インターネットを用いて収集・管理を行い、収集した情報をわかりやすくまとめて院内の医療従事者に対し、最新の最適な情報を提供し、情報共有できるように努めています。
 また、病院内の薬事委員会という医薬品に関する採用に関すること,採用薬品の使用状況、副作用発生報告などに関して審議・決定をする委員会の事務局を務めています。

 

 外来化学療法室

  抗がん剤治療を受けられる外来・入院患者さまに対して、抗がん剤が安全に投与されるように投与量・投与スケジュールのチェックや注射薬の無菌調製を行っています。また、治療中の患者さまのところへ伺い、くすりの説明や副作用の発現状況を確認し、医師と協議して副作用を軽減するための処方提案を行っています。
 外来化学療法室(輸液療法室)は、外来患者さまを対象とした抗がん剤治療の専用室です。ここではがん治療の専門の知識を有する、外来がん治療認定薬剤師やがん化学療法認定薬剤師が常駐し、医師、看護師と連携して副作用の対策や治療に当たっています。

 平成27年度からは、抗がん剤治療を初めて受ける患者さまや治療法が変更となった患者さまを対象に、専用のカウンセリング室で、お薬や治療スケジュール、副作用の発現時期や対処方法などを詳しく説明し、患者さまからの質問にお答えしています。

 

無菌製剤処理料算定件数(外来および入院)

年度 平成26年度 平成27年度
無菌製剤処理料1 2,403 3,146
無菌製剤処理料2 735 392
無菌製剤処理料1(閉鎖式接続器具使用) 102 169
総件数 3,240 3,707

 

研究、その他

 一般業務の他に臨床研究、学生教育に力を入れています。
 臨床研究では、通常業務で生じる疑問点や薬剤部が取り組んでいる業務内容を中心に薬学的観点から検証を行っています。臨床研究を行うことで、科学的根拠に基づいた業務を構築することができ、患者さまのQOL向上に貢献しています。臨床研究は、薬剤部内にとどまらず、医師をはじめとした他の医療スタッフと共同で実施する場合や、他の医療施設、大学など外部と連携をとり実施する場合もあります。臨床研究の成果は、学会発表や論文投稿を積極的に行っています。
 現在、薬学系大学では5年次に11週間の病院実務実習が義務づけられており、当院では学生を積極的に受け入れています。学生教育では、内服、注射調剤業務の実務実習と並行して早期より病棟での実務実習を行っています。病棟実習では、医療人としての自覚を形成させ、患者さまの気持ちを考え、行動することができる薬剤師の育成に努めています。

 

 

 

 


 

 

 

     治験依頼者の方へ

  各種申請書類、標準手順書、IRB議事録概要等の閲覧等をご希望の方は下記までご連絡ください。

   日本医科大学多摩永山病院 薬剤部

   治験事務局 042-371-2111(内線 2240)

 

 

ページトップへ