医師・医療機関のみなさまへ

診療科の概要

消化器科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸、肛門など、消化管の病気や、肝臓、胆嚢、膵臓、腹膜の疾患を診療いたします。飲み込みの障害、胸のつかえ感、胸焼け、吐き気、嘔吐、おなかの痛み、食欲不振、吐血、下血、下痢、便秘、お尻の痛み、腹部膨満、黄疸などが消化器疾患の症状ですので、これらの症状で来院された方は当科におかかりください。また検診で、食道、胃・十二指腸の異常を指摘された方も当科で精査いたします。

外来診察時間は下記のとおり主に午前中です。再診の方は予約をされることをお勧めいたします。初診の方は、医療機関からの予約に限らせていただいております。また、疾患や病状によっては入院にて精査加療させていただくことがあります。
消化器疾患には、薬によって治療できる場合と、手術が必要となる場合とがあります。従って当科では、さまざまな治療の選択肢から、最善の治療が行えるよう努めており、当院外科とも緊密な連携をとっております。手術が必要と判断された場合には、外科転科あるいは紹介のうえ治療を行うことになります。内科疾患か外科疾患かお迷いの方もお気軽に当科にご相談ください。


診療時間と予約制について

外来診療は、月曜日から土曜日までの午前中(受付時間午前8時30分~11時30分)です。午後は原則として、検査目的の受診に限らせていただいております。

初診・再診とも予約制となっています。また、初診の方(しばらく受診されていない方も含みます)の診療は、医療機関からの紹介患者に限らせていただいておりますので、あらかじめ、ご自身の病状を近隣の診療所の先生にご相談の上、紹介状とともに初診予約をお取りください。


主な検査や、治療について

当科では、上部、下部消化管の内視鏡検査や、超音波内視鏡検査、および、腹部超音波検査を行ないます。また、これらの手技を用いた、治療も行っております。

具体的には、胃や大腸のポリープ切除術、消化管出血の止血術(食道・胃静脈瘤破裂に対する硬化療法を含む)、消化管異物の除去、胆道結石の除去、胆道・膵管内のステント留置術、および、閉塞性黄疸や胆道感染症に対して胆汁のドレナージ術などを行っております。

その他、特殊な治療として、ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法、慢性C型肝炎に対するインターフェロン療法、潰瘍性大腸炎に対する血球除去療法なども行っております。


その他

当科が扱う主な疾患は下記のとおりです。
食道
食道癌、逆流性食道炎、食道異物、食道静脈瘤、アカラシア
胃・十二指腸
胃癌、胃ポリープ、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍
肝臓
肝臓癌、肝硬変、肝炎、肝不全、肝嚢胞
胆嚢
胆嚢癌、胆嚢ポリープ、胆石、胆嚢炎
胆管
胆管癌、胆管結石、胆管炎
小腸
小腸潰瘍、クローン病、急性腸炎
大腸
大腸癌、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群

また、セカンドオピニオンも受け付けております。

ページトップへ