医師・医療機関のみなさまへ

診療科の概要

 多摩地域の基幹病院である当院は、大学付属病院として地域医療に貢献するとともに、医学教育、最新医療の研究に尽力する立場にあります。
 現在、当科は6名の常勤医師がおり、真菌症、細菌感染症からアレルギー疾患、悪性腫瘍まで幅広く皮膚疾患の診断、治療と研究を行っています。様々な皮膚疾患に対して、専門家の立場から診療を行ない、院内の他科からの信頼のみならず、地域の病院、開業医からも信頼される存在になるよう努めて参ります。
 当科は多摩地区の病院、大学が参加する『多摩皮膚科専門医会』に所属し、年数回の勉強会を行っています。平成15年から当科独自に、多摩市の皮膚科開業医先生と『多摩市皮膚科病診連携の会』を発起して、年1~2回の勉強会を開催していましたが、平成19年3月から『多摩永山皮膚科病診連携の会』と名称を変更し、多摩市、八王子市、稲城市などの当院周辺地区の皮膚科開業の先生にお声をかけ、新たな勉強会となりました。
 当科は日本皮膚科学会専門医研修施設の認定を受けており、皮膚科専門医の研修にも力を注いでいます。また平成20年5月1日より日本アレルギー学会認定教育施設の認定を受け、アレルギー専門医の研修にも取り組んでいきます。
最終更新日:平成28年5月23日


診療実績

年度ネンド(4ガツ~3ガツ 21年度 22年度 23年度 24年度ネンド 25年度ネンド 26年度

外来ガイライ患者カンジャ実数ジッスウ(ニン)

13,644

15,124

14,976

14,506

14,132

14,335

外来ガイライ患者カンジャ延べ数ノベスウ(ニン)

20,551

23,320

22,144

21,333

20,640

21,056

 

ネン(1ガツ~12ガツ) 平成22年ネン 平成ヘイセイ23ネン 平成ヘイセイ24ネン 平成ヘイセイ25ネン 平成ヘイセイ26ネン 平成27年
入院ニュウイン患者カンジャスウ(ニン) 84 51 55 44 55 64
手術シュジュツ生検セイケンケンスウ(ケン) 427 379 346 375 425 482
パッチ(プリック)テスト件数ケンスウ(ケン)  39(13) 46(11) 36(8) 48(12) 51(10) 26(10)
紹介患者スウ() 749(32.2) 664(32.6) 671(31.8) 648(33.3) 904(45.8) 801(36.6)
新患患者スウ(メイ) 2,325  2,038  2,110 1,948 1,975 2,187

その他

特殊機器
  • 紫外線全照射装置
  • 炭酸ガスレーザー
  • イオントフォレーシス
  • ダーマトスコープ
     

研究概要と実績

アトピー性皮膚炎における研究
アトピー性皮膚炎におけるケモカイン、サイトカインネットワークの解析
  • Higashi N,et al: mRNA expression and secretion of IL-18 are reduced in monocytes from patients with atopic dermatitis. International Symposium on Atopic Dermatitis, Portland/USA, 2001.
  • Higashi N,et al: The mRNA expression and secretion of IL-18 are reduced in monocytes from patients with atopic dermatitis, J Allergy Clin Immunol,108, 607-14, 2001.
  • Higashi N, et al: Elevated serum levels of I-309/CCL1 in patients with severe atopic dermatitis, 4th Georg Rajka International Symposium on Atopic Dermatitis, Areachon/France, 2005.
アトピー性皮膚炎におけるT細胞の解析
  • Higashi N, et al: Cytokine expression of skin-homing T lymphocytes in atopic dermatitis. 1st Georg Rajka Symposium, Davos/Swiss, 1998.
  • Higashi N, et al: Cytokine expression of skin-homing T lymphocytes in atopic dermatitis. 8th meeting European Immunodermatology Society, Rome/Italy, 1998.
  • Higashi N et al: Cytokine expresson of skin T lymphocytes from patients with atopic dermatitis, Acta Derm Venerol, 81, 3-7, 2001.
  • Higashi N et al: The expression and function of CD43 and CDw60 on T-cells from patients with atopic dermatitis, Acta Derm Venerol, 81, 263-67, 2001.
アトピー性皮膚炎における抗核抗体についての検討。
  • Higashi N et al: Antinuclear antibodies in patients with atopic dermatitis. 3rd Georg Rajka International Symposium on Atopic Dermatitis, Rome/Italy, 2003.
  • Higashi N, et al: Atopic dermatitis complicated with systemic lupus erythematosus.3rd Georg Rajka International Symposium on Atopic Dermatitis, Rome/Italy, 2003.
  • Higashi N et al: Atopic eczema complicated by systemic lupus erythematosus, Eur J Dermatol, 15, 500-2, 2005.
  • Higashi N et al: Clinical features of antinuclear antibody-positive patients with atopic dermatitis, J Nippon Med Sch, 76, 2009.
アトピー性皮膚炎患者におけるアトピービジネスの調査検討。
  • 東 直行 他:当科における小児のアトピー性皮膚炎、日小皮会誌、15, 224-31.1996.
治療ノートを用いた小児のアトピー性皮膚炎診療の臨床検討。
  • 東 直行 他:「治療ノート」を用いた小児のアトピー性皮膚炎診療の試み。日小皮会誌、24, 57-61, 2005.
多摩地区におけるアトピー性皮膚炎の臨床統計。
  • Higashi N et al:The statistical findings of atopic dermatitis at the southern part of Tama district in Tokyo. 5th Georg Rajka International Symposium on Atopic Dermatitis, Kyoto/Japan, 2008.
ページトップへ