医師・医療機関のみなさまへ

診療科の概要

麻酔科は他科と比べ馴染みの少ない科だと思いますが、診療としては以下のようなことを行っています

  • 手術中の麻酔、全身管理
  • ペインクリニック外来並びに入院患者の疼痛管理

麻酔科は手術を施行するに当たって各科からの依頼を受けて術前の全身状態の評価と手術、麻酔に関する検討を行います。手術という大きなストレスを乗り超えるために第三者的な立場からそれぞれの症例について問題点を明らかにし、各科に助言することにより周術期の安全性をより高めます。具体的には手術前日までに訪問し、体調や既往症の聞き取りと術前検査の評価、麻酔法、術後鎮痛法の説明を行います。術前訪問は不安とストレスを除去し心の安静を得るためには不可欠です。術中の麻酔科の役割は疼痛を除去し血圧を安定させ呼吸を調節することです。麻酔薬、点滴、輸血等を調整することにより全身状態の安定を計ります。全身状態の安定により円滑な手術操作が可能となります。 術後の痛みは、現在では積極的な鎮痛薬の投与により術中は勿論、術後の痛みはほぼ解消しています。

外来では神経ブロックを中心とした治療を行っております。対象となる疾患は、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)、頸部疾患(頸椎症、頸髄症、頸椎椎間板ヘルニアなど)、肩~上肢痛、胸部疾患(胸椎圧迫骨折、開胸術後痛疾患など)、腰下肢疾患(腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、Feiled Back Surgery Syndrome、関節疾患など)、会陰部痛、内臓由来の痛み、三叉神経痛、帯状疱疹後神経痛などです。その他痛み以外の疾患として、突発性難聴、ベル麻痺なども対応しております。治療法の選択は日本ペインクリニック学会治療方針に準拠して行っております。
神経ブロックは硬膜外ブロック、星状神経節ブロックなど外来で行うもののほか、透視装置や超音波を用いるブロック(神経根ブロックなど)、椎間板造影、椎間板加圧注水、骨髄減圧術、硬膜外脊髄刺激装置植込み、硬膜外腔内視鏡下神経剥離術(エピドラスコピー)、RACZスプリングカテーテル硬膜外神経形成術などの観血的手法によるブロック、高周波熱凝固法などを行っております。

専門分野

特に分野を問いません。
各症例に適した麻酔法を選択します。


診療時間&予約制

予約及び変更に関するお問い合わせは診療の都合上、月曜日又は金曜日の13:30~16:30にご連絡頂きますようにお願い致します。

初診は予約を必要といたしますのでご連絡お願い致します。

ページトップへ